--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-22

白いワンピースの女

斉藤さんはお気に入りの公園に彼と来ていた。
「久しぶりのピクニック。お弁当食べて、お散歩して。すっごい綺麗なバラ園があるんです」
県が管理するその公園は広大な敷地を有していた。
「夕方になって、ちょっと肌寒くなって来た頃かな」
帰ろうとしていると「こんにちは」と声をかけられた。
白いワンピースの女だった。
「すっごい細い人で、血管が浮き出てました」
ガリガリの体は、拒食症の人を思わせた。
「綺麗なバラ園ですよね~、よかったら写真とりますよ?」
女は張り付いたような笑顔で話しかけて来た。
「なんか不自然なんです。だいたいカメラ構えてたわけじゃないし、、」
「結構です」と断り、歩き始めると女は付いて来た。
「お二人は恋人同士ですか?」
「ええ、」
彼が曖昧な返事をすると、
「あはは、、やっぱりだ~!」
そういってスキップを始めた。
「ちょっと、、ユウくん、、」
怖くなった斉藤さんは彼の袖を引っ張り、早く行くよう目配せをした。
彼も頷くと、
「じゃあ、僕らちょっと行く所があるんで」
そう言うと、先にいた女が振り返った。
「すぐ分かれるよ」
「へ?」
「そんな女すぐ分かれるっていってんの!」
突然分けの分からない事を言い出した。
「はぁ?何言ってんだお前?」
彼の言葉に反応するように女がワンピースの裾をまくりはじめた。
「ほら、、ほら、、」
むき出しになった下着はゆるゆるで、棒のような足が突き出していた。
「なんだこいつ!おい、行こうぜ、、」
早歩きで女をよけて急いだ。
後ろから「見たいんでしょ?いいのよ?」という声がしたが、二人は無視した。
しばらくすると、
「あーーーー!んーーー!あーーーーー!んーーーー!」

女の金切り声をあげはじめた。
振り向くと、ナイフを片手に立っていた。
奇声を発しては、自分のうでに噛み付いていた。
「よっぽど強く噛んでたんでしょね、、」
女の口は自分の血でぬらぬらと光っていたという。
二、三歩よろめくと、すごい早さで追いかけて来た。
「必死で逃げましたよ!殺されるって思いましたから」
車に飛び乗るとすぐにドアロックをかけた。
「はやく出して!早く!」
女はすぐそこまで来ていた。
彼はすぐにエンジンをかけ、車を動かした。
ガタンと何かに乗り上げる音がしたが構わず走らせたという。
「たぶんその女、敷いちゃったんです。ミラーにうずくまる姿が写ってましたから、、」

後日、女は捕まったと警察から連絡が入った。
ひき逃げにはならないから安心しろと言われた。


スポンサーサイト

theme : ホラー・怪談
genre : 小説・文学

tag : ホラー 怖い話

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

表現が分かりにくいのが傷ですが、内容は面白かったです。
なんというか、衝撃的な話ですねw

>鬼団子様

コメント有り難うございますv-10
表現方法、もっと精進します!私も文章を書いていて、自分の頭の中の場面と、読者の受ける印象とが違うのではないか?という不安を常に抱えております。物書きとしては致命的な悩みですが、続けていく事で改善できると信じております(汗)
これからも応援よろしくお願いしますv-22

プロフィール

紋白蝶

Author:紋白蝶
香川県在住の妄想家です。
趣味は読書、ゲームなど。
日々人間の恐怖を探求中、
たぶん普通の人です(汗)
感想聞かせて下さいませ。

ブロともになって下さい

紋白蝶とブロともになる

FC2ブログランキング
応援よろしくお願いします ☟☟クリック☟☟

FC2Blog Ranking

ホラー小説ランキング
こちらも応援お願いします クリックしないと呪縛(嘘 ☟☟☟感謝☟☟☟
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

週休二日で更新予定?うーん
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
いらっしゃいませ♡
ブロとも一覧

REST

オカルト探偵倶楽部
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。