--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-01

お化粧ごっこ

二宮さんは以前住んでいた借家での出来事を話してくれた。
夫と別れたばかりの二宮さんは、即日入居可能な物件を探していた。
「結構古い家だったんだけど、パート先から近いし、なにより家賃がすっごい安くて。一応、養育費って事で毎月5万振り込まれるようになってたんだけど、なにがあるか分かんないでしょ?」
その借家は、築50年以上は経っているようにみえた。
「部屋が4つと台所。二人で住むには広すぎるかと思ったんだけど、ひとつひとつの部屋はけっこう狭くって、、4畳半くらいだったかな」
息子との二人だけの生活が始まった。
昼のパートに加え、夜も知り合いのラウンジで働くようになった二宮さんは、5歳になる息子に構ってられないほど時間に追われるようになったという。
「もう、まともに相手できるのは昼のパートが終わってからの2時間くらい。コウタには、かわいそうだったけど、、」
そのわずかな時間でさえ、洗濯やご飯の用意におわれて邪険にしてしまいがちだった。
「忙しくって、引っ越しの荷物だってまだちゃんと片付けてなかったし、私も余裕がなかったんだと思う」
引っ越して3ヶ月ほどして、コウタくんが妙な事を言うようになった。
<家の中に知らない人がいる>そう言って押し入れを指差したり、天井をじっと凝視したまま怯えるようになったという。
「私が、あんまりかまってあげないもんだから、気を惹こうとしてるんだと思ってました」
数日おかしな行動が続いたが、すぐに収まった。
しばらくして、二宮さんは風邪をひいて寝込んでしまった時があった。
「ひさしぶりにたっぷり寝ました。無理してるのは分かってたし、まぁ、よかったかなって」
その日、目が覚めると昼すぎだった。
ふだん相手できない埋め合わせに、思いっきり甘えさせてあげようと思い、コウタくんを探した。
「いくら呼んでも返事しないの。かってに出て行くわけないし」
ふらふらする足取りで他の部屋を探したという。
コウタくんは化粧台の前に座っていた。
「でも、様子がおかしいの。私の声が聞こえてないみたいで、、」
近づくと口紅をもっているのが見えた。
「コウタ?何してるの?だめでしょ、勝手にママの使っちゃ」
コウタくんは化粧をしていた。
振り返った顔にはでたらめに口紅が塗られており、定まらない視線で空をあおいでいる。
「コウタ!」
呼びかけるも反応がなかった。
コウタくんは、ふたたび鏡へ向き直ると、鏡の中の自分に話しはじめた。
「ママ、家の中に知らない人がいるよ?」
声を上げる事も出来なかったという。


スポンサーサイト

theme : ホラー・怪談
genre : 小説・文学

tag : 怖い話 ホラー

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

紋白蝶

Author:紋白蝶
香川県在住の妄想家です。
趣味は読書、ゲームなど。
日々人間の恐怖を探求中、
たぶん普通の人です(汗)
感想聞かせて下さいませ。

ブロともになって下さい

紋白蝶とブロともになる

FC2ブログランキング
応援よろしくお願いします ☟☟クリック☟☟

FC2Blog Ranking

ホラー小説ランキング
こちらも応援お願いします クリックしないと呪縛(嘘 ☟☟☟感謝☟☟☟
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

週休二日で更新予定?うーん
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスカウンター
いらっしゃいませ♡
ブロとも一覧

REST

オカルト探偵倶楽部
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。