--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-05

最後の手紙

アリサは短大生の頃つき合っていた男の話をしてくれた。
「出会いはコンパだったんですけど、、彼、全然がっついてなくて、とけ込めない娘に話を振ってあげてたりして、、何か良いなって思っちゃって」
アリサの方から積極的にアタックし、つき合う事になったのだという。
「でもつき合ってみてダメだって思いました。彼、すぐ切れちゃうんです。切れたら部屋の物、何か壊すまで収まんないし」
切れる理由は<テレビの音量が大きい>、<メールの返信がおそい>など、自分勝手な物だった。
あるとき、ビデオの返却が遅れた事を理由にビデオデッキを壁に投げつけられ、壁に大きな傷がついてしまった。
「別れようって決意しました。もう、前みたいな気持ちは無かったし、、」
そのまま喧嘩別れのようになったのだという。

一週間後、彼からメールがあった。
「なんか彼には別れたっていう認識は無かったみたいで、」
<今度の日曜映画に行かないか?>という誘いのメールだった。
「私もう続ける気なかったんで、<もう会えない、さようなら>って返しました」
それからしばらく<やり直そう>という内容のメールが来ていたが、返信しなかったという。

彼からのメールが来なくなり、気持ちの整理も付き始めた頃、彼が短大の前で待っていた。
彼は最後に話がしたいからドライブにつき合ってくれと言ってきた。
「、、ちゃんと話もしてなかったし、これで終わらせようと思って、ついて行ったんです」
つき合い始めて最初に行った海へと行く事になった。

海に着くと、二人で浜辺を歩いた。
「もう、気持ちは変わらないのか?」
アリサは彼の前を歩きながら、振り返る事が出来ず足元を見ながら答えた。
「ごめん、、でも、かっちゃんと出会えて良かったと思ってる。かっちゃんと一緒に作った思い出はずっ、、」
最後まで話す事が出来なかった。
後頭部に強烈な衝撃を受け、膝から砂浜に倒れた。
ジンジンと熱を放つ後頭部をさわるとヌルっとした生暖かい感触があった。
「えっ?」
殴られたと理解した瞬間、再び襲われた衝撃に目の前が真っ暗になった。

気がつくと波の音がすぐそばに聞こえた。
辺は真っ暗になっていた。
体は動かなかった。
アリサは波打ち際に、頭だけを出した状態で埋められていた。
「かっちゃん!なにこれ?出してよ!」
男は泣いていた。
アリサの声を無視すると突然もっていた手紙を読み始めたという。

「アリサへ。僕にはこれから、君のように夢中になれる女性は現れないと思う。君は僕の理想の女性です。この世界ではうまく行かなかったかもしれないけど、僕たちは一緒になる運命です。二人で次の世界へ行きましょう」

男は読み終えた手紙を丁寧に封筒に戻すと、アリサの顔の前に置き手を合わせて拝み始めた。
「ちょっと何いってんの?わけ分かんない事しないでよ!」
アリサが大声で助けてと叫ぶと、男の張り手が飛んできた。
「もぅ、ちょっと黙っててくれないかな?全く、、これからだってのに、、」
男はひとつ大きなため息をつくと自分の腹に包丁を突き立てた。
「いってー!やっぱこれ無理だわ、、」
1センチも刺さったようはに見えなかった。
というよりは、初めから覚悟があるようには見えなかった。
「すぐに追いかけるから先に逝って待ってて、、じゃあ」
そう言うと男は去っていったという。

海岸線が上がってきている事が分かった。
「このまま潮が満ちてきて溺れるんだって思ったら、すっごく怖くなって」
アリサは大声で助けを呼び続けた。
しだいに波が顔にかかるようになった。
波をかぶっている間は息を止め、波が引いたタイミングを見計らい大きく息を吸い込んだ。

「どれくらい続いたんだろう、、」
気がつくと辺は明るくなり始めていた。
潮は引き始めていた。
アリサは朝、波乗りに来たサーファーに助けられたという。

次の日、父親を連れて男の家に行った。
「あいつ、ポテトチップス食べながらゲームしてたんです」
父は男を見つけると何も言わずに殴り倒した。
動かなくなるまで殴り続けた。
途中からアリサも参加したという。

男の両親の頼みで警察には届けなかった。
かわりにアリサの口座に300万が振り込まれたという。




FC2Blog Ranking
☝300万欲しい人クリック♪


スポンサーサイト

theme : ホラー・怪談
genre : 小説・文学

tag : ホラー 怖い話

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

毎回楽しみにしています。全部創作だということ、最近気づきました・・・おそ。
生々しい話ばかりでほんと怖いのにやめられません。すごい才能ですね。
これからも頑張ってくださいv-254

遅くなってすみません

嬉しいコメント有り難うございます。
しばらくアタフタしておりまして更新できておりませんでした。これからもぼちぼち書いて行きますのでまた見に来て下さいv-22
プロフィール

紋白蝶

Author:紋白蝶
香川県在住の妄想家です。
趣味は読書、ゲームなど。
日々人間の恐怖を探求中、
たぶん普通の人です(汗)
感想聞かせて下さいませ。

ブロともになって下さい

紋白蝶とブロともになる

FC2ブログランキング
応援よろしくお願いします ☟☟クリック☟☟

FC2Blog Ranking

ホラー小説ランキング
こちらも応援お願いします クリックしないと呪縛(嘘 ☟☟☟感謝☟☟☟
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

週休二日で更新予定?うーん
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
いらっしゃいませ♡
ブロとも一覧

REST

オカルト探偵倶楽部
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。