--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-21

306号室

「去年の話です」
沢田さんは以前、住んでいたマンションでの話をしてくれた。
その日は、会社が休みだった。
沢田さんはお昼近くまで、テレビをつけてだらだらしていると刑事が訪ねてきた。
彼女の隣の住人が首をつって死んでいたという。
なにか気づいた事はなかったかと聞かれた。
「全然。だって、私顔も見た事なかったんですよ」
刑事の話によると、妙なメッセージのような物が残されており、困惑しているとのことだった。
「カーテンにね、306って、びっしり赤い字で書かれてたんです」
彼女の部屋は306号室だった。
「もう、すっごい気味が悪かった。そんなの、まるで私の部屋に何かあるみたいじゃないですか」
刑事は念のため部屋の中を確認させてほしいと言い、彼女の部屋に何もない事を確認すると、何かあればと名刺をおいて帰っていった。
「なんか疑われてるみたいで、いい気がしなかったですよ。けっきょくただの自殺ってことで処理されたみたいなんですけど、」

その日から部屋に帰るのが嫌になった。
「出来る事ならあんな縁起の悪い所、さっさと引っ越したかったんだけど、お金なかったし、、」
普段は気にならなかった物音に敏感になった。
「ピシッ、ピシってきしむような音。小さい音だったんだけど、なんだか、、、」
誰か、部屋の中に入ってきているように感じたという。

ある晩、ベットに入っているとリビングからの大きな音に目が覚めた。
「ゴトン!バサバサって、何か落ちたような音。ちょうどトイレにも行きたかったし、私、確かめにいったんです。」
寝室を出て、廊下の電気をつけた。
急な明かりにまぶしさを感じつつ、リビングのドアを開くとひんやりとした空気が漏れてきた。
廊下の照明がリビングをうっすらと照らしており、中の様子が見えた。
「何もなかったんです」
誰かいるのかも、という思いが頭をよぎったが、中に入ってまで確認する気にはなれなかった。
「まぁ、いいやって思って、トイレに入ったんです」

用を済まして便座から立ち上がろうとすると、ぎぃぃ、、とドアの開く音が聞こえた。
リビングの方からだった。
沢田さんは固まった。
トスッ、、、トスッ、、、とゆっくりと歩く音が近づいてくる。
(やだ!やっぱり誰か居たんだ!)
急いで鍵をかけ、ドアノブを握りしめた。
足音がトイレの前でとまった。

「ごめんなさい」
ドス
「ごめんなさい」
ドス

女がドアに体をぶつけているようだった。
なぜ謝られているのか、わけが分からなかった。

沢田さんは恐怖に耐えきれなくなり、目を閉じた。
両手がしびれるほど、固くドアノブをおさえ続けた。

どれくらいたったのか、気がつくと声はしなくなっていた。

結局あさまでトイレに閉じこもっていたという。
後日、警察にありのままを話したが、相手にされなかった。
それからすぐにマンションを引き払い、現在は実家から通っている。

スポンサーサイト

theme : ホラー・怪談
genre : 小説・文学

tag : ホラー 怖い話

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

紋白蝶

Author:紋白蝶
香川県在住の妄想家です。
趣味は読書、ゲームなど。
日々人間の恐怖を探求中、
たぶん普通の人です(汗)
感想聞かせて下さいませ。

ブロともになって下さい

紋白蝶とブロともになる

FC2ブログランキング
応援よろしくお願いします ☟☟クリック☟☟

FC2Blog Ranking

ホラー小説ランキング
こちらも応援お願いします クリックしないと呪縛(嘘 ☟☟☟感謝☟☟☟
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

週休二日で更新予定?うーん
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
いらっしゃいませ♡
ブロとも一覧

REST

オカルト探偵倶楽部
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。